大分のボルダリングあれこれ

大分を中心としたクライミング情報の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本匠 米花山林道ライド

2月28日(日)
今日は林道サイクリング&紐プレイ!
とゆうことで、久しぶりに本匠へ。
まずは、チャリ☆目指すは米花山!
さっそく延々の登り坂。

P1050065.jpg

でも林道なので、普通に乗れます。
登り坂にも慣れたような気もするけど、やっぱりキツイものはキツイ…。
にしても、今日はかたやんが遅い。
お疲れ気味かなぁと思ってたけど、
どうも、かたやんMTBの後タイヤが歪んでるみたいで、
ブレーキに当たってるっぽい。
そりゃキツイよね(笑)
無理矢理応急処置をして、ブレーキ問題はとりあえず解消。
気を取り直して再び山頂を目指す!
ほぼ登りきると尾根沿いの道で、両側に絶景がひろがる☆
尾根沿いの道はいいね。

P1050071.jpg


景色はいいし、アップダウンも緩やかで。
最後はちょっと頑張って登って頂上に到着!
ステキな景色を目前にゆっくり昼食♪
日々のストレスが解消されました。

P1050074.jpg


帰りは快調に下る。いつもながらあっという間。
そして、何年かぶり(?)の紐クライミングへ。
エリアは再来週公開予定のYLL(よ○のレジャーランド)!
久しぶりの紐プレイってことでドキドキしまくり。
私はクリップの仕方を間違えたり、パニック状態。
なんとか2便出し、10cの課題をゲット!
かたやんは、プロジェクトをちょこっと味見。
なんだかんだ楽しませてもらいました☆
今日はMTBとクライミング、両方してお腹いっぱい。
と思ってたら、帰りの車の中でかたやんが
「ちょこっとノースゲートで登ろうか」って…
もう好きにして(苦笑)
最後のノースゲートはおいといて、
心地よい疲労感を得られた日でした☆
<文:なおこ>
スポンサーサイト
  1. 2010/02/28(日) 21:45:54|
  2. MTB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2010奥岳ウィンターキャンプ

今週末はノースゲートのいつものメンバーでキャンプでした。
10名ほどのメンバーでまったりとした時間を過ごしました。

P1050038.jpg

今回の主役はそう、NOBUちんです。
この春、大分を卒業して西へ旅立つ決意をしたようです。
寡黙な少年はいつの間にか大分を代表するクライマーへと成長していました。
君はいなくとも大分の岩々にはその魂が刻まれているだろう。

夢を掴め!ギャンバ!!

P1050047.jpg

グッバイ!!!!!
  1. 2010/02/22(月) 00:47:25|
  2. クライミングその他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

MTBで熊野古道をゆく④

2月14日(日)
とうとう旅行最終日。
時間いっぱい観光するために、朝6時半には起床し、7時には活動開始。
まずは大門坂を歩いて那智大社に向かう。
大門坂は600mくらいの石段で、熊野古道の一部で世界遺産の道。
歩いていてすごく気持ちが良い道でした。

P1050007.jpg


そして那智大社に到着。朝焼けがいい雰囲気を作り出してた。
お参りをして、那智の大滝へ向かう。
森の中を歩いていると、ふと目の前に滝が現れた。
でかい!想像以上にでっかい!!
人も少なく、ゆっくり感動に浸れました☆

P1050020.jpg


そして、チャリで車まで一気に下る。
昨日の夜のうちに、チャリを滝の近くに置きチャリしてたのだ。
観光が終わった後にだらだら歩くのは気分的にも結構きついからね。
そして、最後は高野山。
真言宗の総本山・金剛峰寺があるところです。
ここでもチャリが活躍!チャリで広い敷地をスイスイまわる。
神聖な空気に穢れを洗われ身も心もキレイになりました(?)
ちなみに、この高野山から熊野大社本宮へ向かう道が“小辺路”
かなり険しい道らしい。
穢れのない身体になったところで、大阪南港へ向かう。
帰りはフェリーです。
時間に少し余裕があったので、堺市に寄り道。
仁徳天皇の墓を見たり、たこ焼きを食べたり。
かなり余裕の到着のはずが、結局走って受付しに行くはめに(笑)
風呂入って、ビール飲んで、寝ている間に大分まで連れていってくれる、
フェリーってなんてステキ♪
もうちょっと車の運賃が安ければ文句なしだけど。
今回の旅行は、仕事の休みが急にとれたため、
思い立ったのが出発日の2日前。
1日でざっと概要を頭に入れ、ガイド本1冊買って出発。
無計画な旅だけにちょっとしたアクシデントはあったものの、
熊野古道をメインに行きたかったところにはすべて行けたし、
思い残すことはなし!
最高に充実した旅でした♪
また頑張って生きていくぞ!(笑)
  1. 2010/02/19(金) 23:07:40|
  2. MTB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MTBで熊野古道をゆく③

2月13日(土)
いよいよ一番の目的、熊野古道中辺路を攻める日です!
ゆっくり寝たかったが、前夜運転中にがぶ飲みしたコーヒーがたたってか、
早朝から尿意で目が覚める…。
本当は中辺路40㎞すべてを走破するつもりだったが、
昨日の2つのコースが思ったよりもきつかったので、
ちょっと弱気になり、コースを短縮(笑)
途中、大きな峠を2つ越え熊野大社本宮を目指す全24㎞のコースです。
昨日の急坂のイメージと寝不足だという不安を抱えつつ出発!
最初はゆっくり高度をあげていくような感じ。
舗装路もところどころ含まれていて、そこで時間を稼げる。
とは言え、もちろん急な上り坂も登場し、呼吸を乱れさせられる。
そして、気持ちのいい森の中に入ると、
そこには超気持ちの良いシングルトラックが!
しかも結構続いて乗れる!!

P1040998.jpg


二人して興奮の歓声をあげながら進んでいく。
他の観光客に気を遣わないとね…
っていう心配も無用でした。全然人に会わない。
いっとき楽しんだ後は峠越え。
いつものように(?)、押して担いで押して担いで…
息があがり、汗だくだく。
それでも想像していたよりはスムーズに越えることができた!
押したり担いだりに慣れた気がする☆
そして、頑張ったご褒美。とにかく楽しい下り坂♪
なんだろう、うまい表現が思い浮かばないけど、
とにかく楽しかった!
あんなにキャーキャーはしゃいだの何年ぶりだろ。
楽しく上り下りを繰り返すうちに、本宮の近くまで来てました。
すると、ちょろちょろと人に会う。
間違いなく皆に奇異の眼差しを向けられながら進んでいく。
そして、ついに人だかりが見え、ゴールである熊野大社本宮に到着!!

P1050002.jpg


いやぁ、なんとも言えない達成感☆
でも、もうちょっと走っていたかったような…
充分疲れてたけどね。
お参りして、茶屋に入って甘味を抹茶で疲れを癒す。
よし、バスに乗って道の駅まで戻ろうかってことでバス停へ。
…5分前に最終バス出発しちゃってます?
まじで!?
タクシーは? 7~8,000円かかる!?
悩んだ末、チャリで国道を走って戻ることに。
24㎞くらいあるけど、舗装路だしなんとかなるでしょ!
今考えれば甘い…甘過ぎる…
舗装路には間違いないけど、ずっと上り坂。
しかも古道24㎞を走った後。
途中、太ももが痛くなり、頭がくらくらし、手が痺れ…
それでも気合のみで道の駅まで帰還!
冷たい風に冷やされた身体を温めるために、
温泉の世界遺産「湯の峰温泉 つぼ湯」へ。
ただ、このつぼ湯は貸切で先客がいたら待たないと入れないらしい。
ラッキーなことに先客なし!待ち時間ゼロで世界遺産の湯へ☆
硫黄泉ですな。冷えた身体に染み渡って超気持ちいい♪

P1050003.jpg

身体があたたまったら、次は胃袋を満たしにいきます。
今日は肉!焼肉が食べたい!
と念じながら車を走らせていると焼肉屋さん発見!
おいしい肉をがっつり食べて、身も心も満たされました◎
その後、明日の朝いちで観光予定の那智大社近くまで行って、就寝。
10秒もかからず夢の中へ。
  1. 2010/02/17(水) 22:39:09|
  2. MTB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MTBで熊野古道をゆく②


2月12日(金)
8時前に起床。ちょっと移動して本日ひとつめの目的、伊勢神宮へ。
私たちの愛車スパイクは、
5分で就寝準備ができて、起床後2分で出発できるのがステキ♪
平日の朝とういこともあり、人も少なくゆっくり静かに観光できました。
そして、朝ごはんに名物伊勢うどんと手こね寿司なるものを食す。
どちらも美味でした☆
お腹も満たされたところで今回の旅のメイン「熊野古道」へ。
一言に「熊野古道」と言っても、
いろいろなルートがあって、距離もかなりのもの。
有名なルートをチョイスして攻めることに。
まずは案内本に“初心者でも歩きやすい”と書かれている
「ツヅラト峠」コース。
近くの道の駅でMTBを組み立て、
特産品のまぐろ寿司とさんま寿司を携えて、いざ出発!
登山道に入る前から迷ってみたりしつつ、進んでいく。

P1040961.jpg

結構傾斜がキツイ。…え?“歩きやすい”?
押して、担いで、押して、担いで・・・
やっと峠に到着!

P1040964.jpg

そこに広がる素晴らしい景色と、
おいしい寿司で癒されたところで、帰路につく。
下りはやっぱ超楽しい!
ビビリな私は乗れずに押すところも多かったけど(笑)
車に戻って、次の目的地「那智大社」をナビでセットすると、
思ったよりも遠くて、日暮れ前に着かなさそう…
てことで、急遽予定変更。
もう1本熊野古道のルートを攻めることに!
石畳が美しいと書かれている「馬越峠」コース。
距離が短い割に高低差が大きいなとは思っていたが、案の定急傾斜。
出発後すぐに息があがる。
すぐに休憩。と思ったらかたやん、森の中へ歩き出す。
おおっと、ボルダー発見!

P1040965.jpg


岩の匂いを嗅ぎ付ける嗅覚はまだ残っているみたい(笑)
地元の人に「やめといたほうがいいよ…」と奇異の眼差しを向けられながら、
めげずにひたすら登る。担ぐ!

P1040976.jpg

P1040975.jpg


きついかったけど、キレイな石畳の道に背中を押され、峠に到着!
傾斜のきつい下り道をビビッて押していたら、
先を行くかたやんの体がいきなり宙を舞った!
そして、そのまま地面へダイブ!
…一瞬なにが起きたのか分からない。
え?こけたの!?
調子に乗ってスピード出してたら、木の根っこに引っかかったらしい。
おいおい…。安全第一、気をつけましょう!
大きな怪我はなかったみたいで、無事に車に帰還。
温泉に入って、夜ご飯はオンサイトした店で海の幸をいただく。
これがまた絶品☆
最高級の幸せに包まれ、次なる目的地へ車を走らせる。
途中でかたやん寝て、ひとりで運転してるといつもの睡魔に襲われたが、
なんとか道の駅“熊野古道中辺路”に到着。
明日に備えて、すぐに就寝。
(文:なおこ)
  1. 2010/02/16(火) 23:08:41|
  2. MTB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MTBで熊野古道をゆく①

2月10日(水)
仕事を早々に終わらせ、雨の中濡れながら帰宅。
濡れた身体はそのままに、濡れたMTBを分解し丁寧に拭きあげ、車に乗せる。
そう、MTBとともに遠征です!!
そのまま車中泊できるように、試行錯誤の末MTBを積み上げました。
そして、いざ出発!
早速、高速が霧で通行止めというアクシデントに見舞われながらも、
ぼつぼつ車を走らせる。
さぁて、どこまで行くのやら…

2月11日(木)
山口県のどこかのPAで目覚め(もちろん車中泊)、ひたすら高速を東へ。
ひたすら走ること8時間(くらい)、金シャチの名古屋城に到着!
土砂降りの雨の中、名古屋城を観光♪
夜は、元祖手羽先唐揚の店“風来坊”へ。
コショウたっぷりの手羽先をおいしくいただきました。
次の目的へ向かい、私が睡魔に襲われたところで就寝。
2時くらいでした。
(文:なおこ)

P1040942.jpg

  1. 2010/02/16(火) 00:23:42|
  2. MTB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阿蘇周辺の山でチャリを担ぐ

1265630678e0.jpg


今回は林道からちょっとステップアップしようと山へ行きました。
地図とコンパスをしっかり持って出発。1時間くらいで峠の道路を登りきり、
山道に入る。すぐにチャリに乗るどころか押すこともできなくなり、担ぐ、
かなりがんばって小ピークを超えれば少しチャリに乗れる。
チャリに乗るとよく進むから、またすぐ担ぐ。
がんばって登って、ちょっと乗れば、また担ぐ。
50mくらいのアップダウンを繰り返すこと6回くらい、ようやくなだらかな
道が続いた。30分以上連続して乗れる。
心地よい障害物たちを勢いよく越えれるとうれしい。
そろそろゴールの道路のある峠まで来たかなと思ったとき、
柵があって2輪禁止と書いてあった。
確かに最後はすごくチャリにはたのしい感じだったので、
たくさんのチャリが入ると道が痛むのだろう。悪いことしたかな。
しかし今回は疲れた。6時間くらいの山中のうち8割くらい担いだイメージだ。
肩が鉄パイプで殴られたように痛い。楽しかったけど。
次はやっぱり林道だな。

126563067774.jpg
  1. 2010/02/08(月) 21:51:13|
  2. MTB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウィンターキャンプ

2月20日(土)に奥岳「やまびこ塾」にてキャンプを行います。
極寒の山中でみんなで盛り上がりましょう。ストーブあるから大丈夫だけど。
参加希望者は気軽に声をかけてください。
  1. 2010/02/05(金) 12:28:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。