大分のボルダリングあれこれ

大分を中心としたクライミング情報の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブロー遠征記⑥

またかなりの間が空いてしまいましたが、せっかくの思い出深い旅行なので、頑張ってアップしようと思います!

9月12日(金)
夜中に雨が降っていたみたい、朝起きると空はどんより、地面は濡れている。
ブチさんと待ち合わせて、とりあえず午前中はエリア案内をしてもらうことに。午後からは天気と指の調子次第って。

最初にFranchard Cuisiniereへ向かう。有名課題をいろいろ教えてもらい、その度にツーショット写真を撮っていただきました。
下の写真はそのうちのひとつ、Dosageでグラハムが登っていた“Duel”という課題。私の目にはホールドらしきものは見えませんでした。
P1040047.jpg

次にRoche Canonを案内してもらう。この時、天気は回復に向かっていて、岩の状態も悪くない。ってことで、午後からはクライミング決定。
最初ちょこっと登ったのを含めると5日間連続!
Apremonntに移動して、ブチさんお目当ての課題があるところに向かう。このエリア広いし、岩がたくさん。おかげで課題探しにちょっと苦労したが(私は座って待ってたけど)、無事、目的課題“Onde de Choc”7bに到着。
アップを済ませ、ホールドを磨いていたら、雨が…。でも、すぐにやんで晴れ間が見えてきました☆
本気トライ開始。ブチさん、途中までは難なくクリア。上部でちょっと捕まってしまっていたけど、休憩後気合の完登!素晴らしい!!
さて、それに触発されかたやんも狙うが、上部で落ちて、上部で落ちて、下で滑って、上部で落ちて・・・結局、敗退となってしまいました。
P1040050.jpg

その後、来た道を戻り、ブチさんが以前登ったという“Egoiste”7a+をトライすることに。ここでも丁寧なムーブ解説をしてもらい、1回目のトライでいいところまでいく。お、これはいけるんじゃない?2回目、ムーブを間違えてフォール…。あんなに詳細に教えてもらったのに(笑)
そして、ちょっとした休憩の後、見事GET!かたやんいわく「ムーブの7a+」とのこと。ブチさん、ご馳走様でした。


「わーい♪わーい♪」と皆で喜んでいると、かたやんが「ちょっとなにこれ!?」と悲痛の声をあげる。ふと見ると、かたやんバッグの肩ひも部分に“フン”が!!!なにこれ、いつの間にぃぃぃ!!!かたやんが急いで砂で洗うが、その部分に触れる勇気はなく…。「なおこ、これ持ちよ。あとの荷物は俺が持ってやるけん」という申し出を丁重にお断りし、ゴミ袋に入れて持ち帰ることに。夜、かたやんが一生懸命洗っていました(笑)

その後は、お喋りしながら近くで軽く登る。私はある課題に打ち込んだけど、敗退。少しでもかぶってると全く登れないわ☆

そして、夜はお決まりフィリップの店で、ブチさんと楽しく最後の時間を過ごす。
最後って言っても、ブチさんの実家北九州だし!弟さんが大分で仕事してるし!
絶対にまた会えますよね!!
と分かっていても、やっぱりお別れは寂しく、帰りの車の中で「寂しいよぅ」と涙する私をかたやんがなだめながら帰宅。

ブチさん、ほんっっっっっっっっっっっとぉにお世話になりました。
迷える子羊たちに声をかけてくれ、案内を快く引き受けてくれ、たくさんのエリア・課題を教えてくれてありがとうございます。ふたりだけだったら、エリアに行くのに迷い、森の中のアプローチに迷い、課題に迷い、ムーブに迷っていたでしょう・・・考えるだけで恐ろしい。
ブチさんもっと登りたかったでしょうに、かたやんや私のトライにまで快く付き合ってくれ、ホールド磨きやらスポットやら丁寧にしていただいて!さらに、写真や動画の撮影もたくさんしてくれて!そのDVDは私たちより早く日本に着いてたし!!ただ、値段がちょっと…“ユーロ”と“円”間違えてません?寿貧乏中なので、蓄えができてからでいいですか?(笑)
どんなにお礼を言っても足りませんが、ほんとうにありがとうございました!!!
日本に帰ってきたら、おいしい焼酎と肴、それからあったかい温泉で、また一緒に過ごしましょう♪
待ってますからね☆
スポンサーサイト
  1. 2008/10/19(日) 18:26:55|
  2. フォンテーヌブロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

独り言

クライミング界から引退してはやひと月が過ぎようとしている。
しかし、いまだに、九州の他のクライマーのブログなどをチェックしてしまう。
毎日抜け殻同然の俺の心はクライミングを欲しているのだろうか。
ここは現実に目をむけ、野球を応援したり、パチンコに行ったり、一般的なサラリーマンの趣味を始めるべきだろう。
はやく模範的なサラリーマンになって毎日を納得させれるようがんばらなければ。
今まで好きに過ごしてきただけ現実が思い。
  1. 2008/10/18(土) 21:48:01|
  2. クライミング以外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ブロー遠征記⑤

9月11日(木)
今日ももちろんブチさん&マチャさんと一緒にクライミング。
まず、Cul de chien(2日前、道路工事のため敗退したエリア)へ向かう。このエリア、アプローチがちょっと長い。しかも、途中までは気持ちのいい森だが、途中から砂漠になっていて、これが歩きにくい…。それでも皆で楽しくお喋りしているうちにエリアに到着。
さっそくアップ開始。
そして、このエリアの看板課題(?)“Le Toit du Cul de chien”7aにトライ。マチャさんの宿題課題らしい。マチャさんは早速マシンガントライ開始。徐々に高度を上げ、かなり惜しいトライが数回あるが、あと一歩及ばず、休憩に入る。かたやんは少し疲れがたまってきているのか、なかなかトライ開始しなかったが、マチャさんのトライからムーブとエネルギーを盗み、いざ!
なんとフラッシュしてしまいました!!どうしたんだろう(笑)



マチャさんの休憩中、私が砂漠の中にある犬の形をした岩にトライ。ガバばかりなのに苦戦してしまったけど、なんとか登れました♪
自分の登ってる姿って恥ずかしいけど、せっかくブチさん&マチャさんが撮影してくれたので・・・



その後マチャさんのトライ再開。もうほんとにあと少し!!ってところまでいくが、どんどん暑くなってきて条件は悪化していく…。結局、敗退となったけど、次は間違いなく登れると思います!日本から応援しますので、次回ブローにいくときは教えてください(笑)

移動して、かたやんのこの旅の目的のひとつ“Arabesque”に案内してもらう。かっこいいルーフの岩☆
ここで、マチャさんとお別れ…(涙)会えてほんとうに良かったです。なにかと親切にしていただいて、楽しいお話もたくさん聞かせていただいて、ほんとにありがとうございました!!もし来年あたり日本に戻ってくる、あるいは異動になってしまった際には声をかけてくださいね。
寂しさを振り払うように、トライ開始。
さっきの課題を1撃できたから余力はあるかな?ぶちさんの丁寧な解説のもと、気合の登りを見せる!ルーフ出口まではいけるが、その上のポケットがとれない…。1手1手かなり力を使うらしく、何回かトライするとよれてきたみたい。フレッシュなときにトライすればいけるんじゃない?という期待を残して本日は終了。
P1040018.jpg

そして、パーキングの近くのエリア:サボRoche aux Sabotsに寄って課題を紹介してもらうことに。また歩きにくい砂漠をいく…しかも、超暑い。私はその後軽い日射病?ってくらい疲れてしまいました。
やっとの思い出エリアに着くと、ここは森の中で気持ちがいい。課題を紹介してもらっていると、ジョーという方に遭遇。なんか見たことある。Bleau.infoの動画にも登場するらしいし、トポに写真も載っている。一緒に写真を撮ってもらう。66歳とは思えないムキムキの身体がステキでした☆
P1040024.jpg

その近くの95.2というエリアを紹介してもらった後、エレファントElephantへ。
まずエリア内の課題をざっと案内してもらう。ここでホールドがハート型になっている岩を見せてもらう。新婚旅行にピッタリ☆ってことで記念撮影。
P1040029.jpg
その後ブチさんはお目当ての課題にトライしにいく。私たちは疲れていて、なんとなく時間を過ごす。結局ブチさんを応援しにいき、“La Barre Fixe”完登の瞬間を見ることができました!グレードは7b+!すごぉい!おめでとうございます!!
かたやんはお疲れだったけど、せっかくなので、ブチさんが紹介してくれたルーフの課題“Le Toit du Loup”にトライ。上部でかなり怪しい(落ちそうな)空気を作り出しながらもなんとかオンサイト(?)成功☆ブチさん、何度もスポットで怖い思いをさせてスミマセンでした。



最後にプチボアPetit Boisというエリアに連れて行ってもらう。ここでは課題の紹介だけしてもらって、この日は解散。
夜ご飯にスーパーでお肉を買って帰宅。このお肉、おいしかったぁ♪
P1040036.jpg
  1. 2008/10/12(日) 01:29:04|
  2. フォンテーヌブロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブロー遠征記④

9月10日(水)
今日は駅でブチさんと待ち合わせて、まずはイサティスIsatisへ。
エリア内の有名課題を案内してもらった後、アップで適当に登り始めたところに、マチャさんが合流。マチャさんはドイツに住んでいて、今回パリに出張で来ていたらしい。仕事を投げ出して…じゃなくて、仕事をちゃちゃっと終わらせてブローへ来たとのこと。みんな好きですねぇ。

アップの後、ちょっと移動してブチさんお勧めの課題“La Coquille”をトライ。上部が少し遠かったが、(日本人の中では)リーチのあるかたやんは数回のトライで完登!続いてマチャさんもGET!!ブローで初の6cだとか。おめでとうございます♪
その後、この課題のシットスタート7aにトライ。ブチさんはサックリ落としてました。かたやんも割とすぐ登ってたような気がする。(なんせ1ヶ月前のことなので記憶が曖昧で…)

その後、昼食にブローの町のパン屋さんでパンを買って食べる。これがおいしい。日本のパンもこれくらいおいしくなればいいのに。

そして、みんなで次なるエリア:ブーティエButhiersへ。ここでブローならではの(?)ハイボールを経験!私は登らなかったけど、見てるだけで怖かったです…。
まず、“Lady Big Claques”7a+に挑戦。高さ6m!かたやんは一生懸命落ちる練習。
みんなでムーブをさぐりながらトライする。ブチさんはムーブを組み立てるとすぐに登っちゃった!すごい!強いなぁと感心しながら、かたやん打ち込み。
ブチさん、マチャさんの懸命なホールド磨きと我慢強いスポットに背中を押され、なんとかGET!いやぁ、良かった良かった。



お次もハイボール☆
“Attention chef d’Oeuvre”7a。ロクスノのブロー課題10選のひとつ(らしい)。高さ7m!!私の中では登る対象の岩じゃないけど、みなさん果敢にトライ。上部ができずにみんな落ちる落ちる。そのうち出来ていたところも出来なくなってきて、敗退かなぁという雰囲気。
そんな中かたやんがトライし、なんと核心をこなす!が、そこで動きがとまる…もしかしてヨレてます?でもせっかくそこまでいったんだから落ちるなぁ!という念を込めて皆で「ガンバ」コール。最後の力(に見えた)で出した一手がとまり、見事完登!!



ちなみに、動画はふたつともブチさんが送ってくれたやつです。私が撮ったのもあるけど、ビデオカメラを取り出して探す時間もなく・・・

今日は日本ではなかなか経験できないハイボールふたつというステキな成果を得ることが出来たけど、ブチさんとマチャさんの類を見ない丹念なホールド磨き&スポットのおかげですね。ほんとうにありがとうございました!!
P1040009.jpg

夜はみんなでフィリップのビストロでご馳走をいただく。やっぱりおいしい☆
なにより、ステキな偶然で出会えた運命の人たちとの団欒は最高でした♪
  1. 2008/10/10(金) 19:54:19|
  2. フォンテーヌブロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブロー遠征記③

かたやん!は、クライミング引退まっしぐら!?ってくらい新しい仕事が忙しそうなので、私、なおこが代わりに遠征報告任されました。とは言っても、私も忙しくなかなかアップできないですが…ぼちぼちやっていこうと思います。

昨日なんとか確保できた寝床で心地よい朝を迎える。
「今日はここに行く」と地図で示されたのは、今回の遠征のお目当てのひとつ、“アラベスク”のあるエリア:キルドシアンCul de chien。やっぱり登るのね・・・当たり前か、クライミング遠征なんだから。
道順を確認し、いざ出発!・・・と、途中で道路工事のため通行止めのところが。迂回しようとするが、どう迂回すればいいのか分からない。
それなら!ってことで目的地を変更。有名エリア:バキュビエBas Cuvierへ向かう。道が不安になり、とりあえず地図を見てみようとパーキングに入る。
・・・あれ?岩がいっぱい?マット背負って歩いてる人がいる?登ってる人がいる!?
ここエリアやん!!この瞬間は私も感動してしまいました。

さっそく散策開始。とっても気持ちのいいエリアです。
ただ、広いし岩多いしで、どこにどの課題があるのか分かりません。ウロウロしてたらイタリアから来たというカップルに遭遇。彼らもよく分からず迷っているみたい。なんとなく一緒に登り始める。
とそこに、手ぶらでふらっと近づいて来る日本人っぽい人が・・・
「こんにちは」 おぉ!いい響きだ!
この方、仕事でオランダにいるブチさん。遅い夏休みでブロー遠征に来たとのこと。
かたやんは「知ってるかも、ブログやってますよね?いつも見てます」って。すごい偶然!
ブチさんはレスト日らしく、エリアを案内してくれました。感謝感激☆
ここでブチさんの口から神の声が・・・「良ければ明日一緒に登りませんか」
さらに「今夜の食事一緒にどうですか?」
この時、フランスで一番嬉しかったです♪ほんとに。

夕方に近くの駅で待ち合わせることにして、ブチさんは観光に。私たちは教えてもらった課題にとりつく。
フランス人3人組と一緒に“Helicoptere”7aにトライ。上部でダイナミックなランジのある、見ていてちょっとコワイ課題。何回かトライするが、ランジがとめられず落ちる。ここで、フランス人のにいちゃんが見事完登!それに触発されたのか、かたやんもその次のトライでGET!!ブローにて、初の7aゲットです☆

喜んでいると、ふとアメリカ人に声をかけられる「やってみろよ」…ヨセミテで流行った(らしい)スラックライン。フランス人も一緒に皆でセッション。これはかたやんが一番上手でした。
P1040003.jpg
その後も、約束の時間になるまで適当に登る。私も登りました。ブロー初の6aだという“Marie Rose”垂壁だしと思ってとりつくが、上部のスローパーがとめられず、もちろん敗退。だけど、それまで結婚式の準備で全く登れてなく、久しぶりのクライミングだったせいか、楽しかったです♪
P1040007.jpg

おなかがペコペコになったところで、ブチさんブログでお馴染みのフィリップのビストロへ!
前菜がバイキング形式。「ここで食べ過ぎると敗退します」とのブチさんの忠告を受けていたが、おいしくてついつい食べてしまう私たち。メインにかたやんはステーキ、私は魚料理をチョイス。これが超うまい!!メインがなくなる頃にはおなかパンパン。副菜の入る余地なし。で、残しちゃいました・・・ごめんなさい。でもデザートのアイスはペロリ。
このおいしさ、ボリュームでひとり11€(1700円くらい)!トレビア~ン♪
P1040008.jpg
とっても幸せな気分になったところで帰宅。
ブチさんに出会えた偶然に感謝しながらバタンキュー・・・




  1. 2008/10/09(木) 18:52:54|
  2. フォンテーヌブロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。